強み

自己分析

就活の自己分析で気づかないといけない「本当の強み」とは

本日、11月1日。 ハロウィンも終わり、街もいつもの静けさを取り戻しましたね。 さて、就活生も、そろそろ自己分析しないといけないな~と考えている頃でしょうか。 でも、自己分析って難しいですよね。 色々考えてみても、な...
ES・履歴書

自己PRする強みを1つに絞り込む勇気。

ビジネスにおいて「何のプロですか?」と聞かれたときに即答できるかは、 とても重要なことです。 どうしても1つに絞り込めず、あれやこれや言いたくなって、 「○○です!」と言い切れないことが多いです。 ですが、これができるかどうかは、相手に印象付ける上で、 とても大切なことになります。
自己分析

ブルーオーシャンで戦える個性的(ユニーク)な強みを見つける。

ビジネスには、レッドオーシャンと呼ばれる競合が多い海と、 ブルーオーシャンと呼ばれる競合が少ない海があります。 それは、簡単にいうと、競合が多い場所で戦うことをやめ、 競合が少ない場所で戦うことが勝利に繫がるという考えです。 この考え方は、就活でも同じことがいえると思います。
塾長のつぶやき

藤浦就活塾の「理念・価値・強み」について。

「なによりも講師の方々に出会えたことが良かったです。」と、 より多くの学生に言われることが【藤浦就活塾の理念】です。 就活において、技法的な対策はもちろん大切ですが、 それ以上に人生を楽しんでる大人の価値観に触れることが大切だと考えています。 私たちは、就活の目的を内定を取ることだとは考えていません。 藤浦就活塾で考える就活は、自分のこれからの生き方を考えて、 現時点で納得できる方向性を決めて実現に向けて歩き出すことです。 その結果として、納得の内定という通過点にたどり着けば良いのです。
考え方・取り組み方

就職活動が始まる前に「あなたの強みの実績」を作る。

今年就活が始まる大学3年生のみなさん。 夏休みの予定は決まっていますか? 海や山で遊びまくりですか? 実は、この夏をどう過ごすかで、就活の明暗を分けるって知っていますか。 就活が始まってから多くの人が困ることが、 自分の強みをアピールできるだけの「実績」がないことです。 例えば、「行動力があります!」と企業面接で言ったとしても、 それをアピールできる実績が、せいぜい「海外に単身で行った」 程度になってしまっているのです。 それでは、企業側があなたに魅力に感じることはありません。 そのくらいの学生は、よく見かけるというレベルなのです。
面接対策

面接では本当の強みをストーリーで伝える。

無理にみんなと同じようなカッコイイ強みを作り出そうとしていませんか。 あなたが持っている、あなたには当たり前に思える強みは、 他の人から見たらすごい強みだと気づいてください。 真面目・几帳面なんてカッコ悪いですか? リーダーシップがあることがカッコイイですか? そんなことはありません。真面目・几帳面もすごい強みです。 そんな強みを必要と考え、採用したいと思っている企業はたくさんあります。