内定先に就職すべきか迷う

内定先に就職すべきか迷う

内定はいただけましたが、この企業に決めてよいのか分からないです…

自分が将来どうなりたいのかといった目標が明確に決まっていないため、
この企業を選ぶことが正しいのか分かりません…

こんな悩みを相談されることがあります。

それなりに自己分析して、自分のやりたい仕事(業界)を絞り、
内定をいただけるために頑張ってきたが、いざ内定をいただけて、
就職先を決めないといけないと思えたときに不安になるケースです。

そんな悩みをかかえる就活生に対しては、
「現時点で将来の目標が明確に決まっていなくてもいい」と声をかけています。

正直、たった1,2ヶ月の自己分析では、自分の将来や就職する企業が
決められるものではなく、現時点で向いていると思える企業・業種を
決めているだけです。

ですから、就職先が決まってから不安になることは当然のことだと思います。

そもそも、天職と思えるような仕事はそう簡単には見つかるものではありません。

見つかるのは30歳かもしれないですし、60歳かもしれません。

もしかしたら見つからないまま人生が終わることもあるわけです。

ですから、20歳そこそこで見つけることのほうが難しいのです。

さらに、社会人として働くこと自体が初めてとなる学生の段階で、
就職先を決めることに不安になるのは当然の話です。

そのため、大学生・大学院生という段階で就職先を決めるときに、
将来の目標が明確になっていなくても別に構わないと思っています。

将来どう変わるか分からない目標を無理に設定することはありません。

つまり、現在将来の目標が明確になっていないのであれば、
現時点で自分にとってベストと思える選択をすれば良いのです。

その選択した企業で求められることや与えられることに対し、
ひたむきに努力していれば、おのずとやりたいことも見えてきますし、
その企業で得た経験は必ず将来の役に立つはずです。

人生のおいて無駄な経験などは1つもありません。

どんな選択をしても必ず将来の糧となるようにできています。

自分の将来の目標が明確になっていないことに悩まないでください。

無理にでも決めないといけないと焦らないでください。

現時点では将来の目標が見つかっていないことを当然だと考え、
現時点で考えられるベストな選択をすれば良いのです。

自己分析診断テスト

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

この記事を書いた人

藤浦 隆雅ポテンシャライズ 代表 / 藤浦就活塾 塾長
採用・就活アドバイザー / ポテンシャライザー(潜在能力を引き出す人)
愛知県を中心に、学生の生きがい就職の支援、人が笑顔になれる職場づくりの支援、人が資質を活かし伸ばせる社会づくりの支援に取り組んでいる。
Pocket