横から手を差し伸べる

横から手を差し伸べる

立場柄、就活支援という言葉をよく使いますが、
最近、この「支援」という言葉の使い方に不安を覚えます。

どうも、世間で使われる支援という言葉が、
なんとなく支援する側が優位であるように感じているからです。

支援とは、支援する側が指示することでも、甘やかすことでもないと思います。

その行動は、強者が弱者にするエゴだと考えているからです。

支援とは、正面から手を引っ張ることではなく、
後から背中を押してあげることでもなく、
横に立って手を繋ぐことだと思います。

肩を並べて同じ目線で一緒に考える。

これが本当の支援ではないかと思います。

ですから、藤浦就活塾は、就活生に対して指示をしませんし、
就活生のやるべきことに手を差し伸べることもしません。

そうすることが社会で必要な自立をうながすと考えているからです。

就活塾の本当の支援とは、学生を就職させることではありません。

学生が社会に出て必要な大切なことに気づいてもらうことだと考えています。



著書の紹介

俺とオレ ~さよなら大嫌いな自分~

自分をよく見せたくてつま先立ちで歩き続ける。そんな日常を送ることに限界がきた俺は、胡散臭い男の紹介で「おばあちゃん」と暮らしはじめる。これまで抑圧してきた自分の内面と向き合い、導き出された答えとは……。仕事も恋も上手くいかない23歳の新社会人を変えた一夏の田舎暮らし。

おすすめポイント:人の目ばかり気になる……。人間関係に疲れた……。自分なんて、大嫌いだ……。そんなつま先立ちの人生から解放されるようになります。
http://amzn.to/2FPl2eN

診断テストの紹介

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり


この記事を書いた人

藤浦 隆雅ポテンシャライズ 代表 / 藤浦就活塾 塾長
採用・就活アドバイザー / ポテンシャライザー(潜在能力を引き出す人)
愛知県を中心に、学生の生きがい就職の支援、人が笑顔になれる職場づくりの支援、人が資質を活かし伸ばせる社会づくりの支援に取り組んでいる。
Pocket