就職先を決める前に社会人に相談できる仕組みづくり。

就活生の話を聞く 塾長のつぶやき
就活生の話を聞く
就活生の話を聞く

就活生の話を聞く

ボランティアで就活生の相談に乗ってくれる社会人のネットワークが作りたい。

いや、作ろう!

就活生は、表面上の企業の情報しかないため、
内定受ける前に働く方のリアルの声を聞きたいと思っているわけです。

ですが、インターネットなどで調べると、嘘かホントかも分からない
ブラックな情報がたくさん見つかって結果として不安になることがオチです…

入社してみたら、全然違う会社ということがあれば、就活生も企業も不幸です。

もし入社前に、その企業で働くリアルの声が聞ければ、
3年で4割ともいわれる離職率も少しは改善されるはずです。

ある人は、就活生が内定が決まった会社前で、
社員の出待ちすれば良いだけの話と言うかもしれません。

ですが、みんながみんな信頼できる人とは限らないです…

それに、そこで偶然話を聞けた社会人の方が、
会社に対して愚痴ともいえる一方的な批判をするかもしれません。

そう考えると、身元が信頼できるネットワークが必要になってくるわけです。

六次の隔たりって言葉があるように、友達の友達をたどっていけば
就活生が話を聞きたい会社の人は比較的簡単に見つかると考えています。

ですが、まだ思いつきで、実現できるのかは色々試してみないと分かりません。

それでも、そこに挑戦するだけの意義はあると思います。

少しでも学生と企業のアンマッチを減らしていくことで、
笑顔で働ける人が増える社会を作りたいですね!