悔しさを力に変えて鼓舞する

悔しさを力に変えて鼓舞する

悲しいことに、まだまだ学歴で就活が左右される時代です。

ESを出したら即日返ってくる「お祈りメール」…

つまりそれは、ESの詳しい内容は見ていませんが、
「学歴フィルターで落ちましたよ」ということを意味しています。
(もちろんそれが原因ではないこともあります。)

学歴がなくても仕事で成果が出せる人はたくさんいるだけに、
なんとも悲しくなります。

ですが、企業の事情を考えてみると、仕方がない部分もあるといえます。

それは、採用にかかる費用と時間を極力抑えたいという思いがあるからです。

たとえば6,000人がエントリーする企業の場合、
その企業にはESが6,000シートも届くことになるわけです。

その6,000シートを1枚1枚熟読していたらどれだけ時間がかかるでしょうか。

目を通し、さらに評価までするとしたら、1枚最低10分はかかると思います。

すると、すべてのシートに目を通すまでに60,000分、それは1,000時間であり、
つまり125日ほど必要で、人事部が10人いたとしても12日以上になるわけです。

会社は社員に給与を払わないといけないわけですから、125日分の給料は、
軽く200万、雇用保険や退職金もあわせたら倍近く必要です。

さらに、この時期は人事部は新卒採用の準備で忙しいため、
ES選考にそこまで時間が取れないという問題もあります。

その結果、大量のESを読む前に、まずは学歴フィルターで落とし、
あとはESのパッと見の本気度(綺麗にしっかり埋めてあるか)などで、
過半数を落とすことになってしまうわけです。

もちろん、学歴フィルターには、採用コストの面だけでなく、
優れた人材を採用するための一定の効果が期待できるメリットもあります。

優秀な一流大学で活躍してくれる確率と、二流大学で活躍してくれる確率では、
どうしても前者の方が確率でいえば高いことは否めません。

ですから、二流大学にいくら優れた人材が埋もれていたとしても、
それが見つかる確率を考えたときに、そこまでの労力を使えないのが現状です。

そのため、優れた人材を採用するためには、
確率が高い一流大学から選考した方が効率的という結論になってしまうわけです。

ある大手企業では、説明会後に一流の大学生だけをこっそり別室に呼び出し、
その学生には一人ひとりリクルーターをつけて、それ以外の二流大学には、
そんなことが行われているとは知らされないという差別もあるくらいです。

学生側目線で考えてしまうと、企業を悪くも言いたくなってしまいますが、
企業の本心には、学歴を問わず優秀な人材を採用したいという考えがあるが、
コストや効率化の面でそれができないという苦悩もあるはずです。

なんとも悲しい現実ですが、会社の事情を考えてしまうと、
ある程度の学歴フィルターは仕方がないともいえるわけです。

私自身、高卒で専門中退という学歴がない生き方をしてきたので、
学歴が就職が影響を及ぼすことはとても悲しく辛いと感じます。

反面、自分自身がそういった勉強をしない生き方をしてきたわけですから、
それを受け入れるしかないという考えもあります。

実際、学歴がなくて新卒時点では一流企業に入れなくても、
本人の努力次第では、転職で一流企業に入ることもできるわけです。

私も零細企業から東証一部上場企業に転職した経験があるので、
社会に出てから頑張れば、そういった生き方もできると思います。
(実績があっても転職が難しい超一流企業も存在しますが…)

もし、学歴でESが落ちてしまったと考え、憂いている人がいれば、
それは気持ちを切り替えて、次のステップに早く進んでください。

21年間、自分自身が勉強を頑張ってこなかったからだと自己責任で考え、
先を見据えた就職活動ができるように前向きに行動してください。

過去の学歴は変えることができませんが、それをプラスに捕らえて、
社会に出てからの未来を変えることはできます。

もし一流企業にどうしても行きたいのであれば、仕事で成果を出し、
あいつは学歴はないけど、仕事をさせたら一流だと周りに認めさせ、
一流企業からヘッドハンティングされるくらいまでになってください。

まだまだ学歴社会であることは否めません。

そこを受け入れ、反発する力に変えて就活を頑張ってください。

自己分析診断テスト

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

この記事を書いた人

藤浦 隆雅ポテンシャライズ 代表 / 藤浦就活塾 塾長
採用・就活アドバイザー / ポテンシャライザー(潜在能力を引き出す人)
愛知県を中心に、学生の生きがい就職の支援、人が笑顔になれる職場づくりの支援、人が資質を活かし伸ばせる社会づくりの支援に取り組んでいる。
Pocket