本日、11月1日。

ハロウィンも終わり、街もいつもの静けさを取り戻しましたね。

さて、就活生も、そろそろ自己分析しないといけないな~と考えている頃でしょうか。

でも、自己分析って難しいですよね。

色々考えてみても、なかなか「強み」って分からないものです。

 

強みって何?

cc-library010010031も、そもそも「強み」って何でしょう?

それに気づかないと、答えのない自己分析を続けることになってしまいますよね。

では強みとは、自分が「得意」なこと? 身につけた「スキル」でしょうか?

たしかにそれも強みですが、私は「本当の強み」ではないと思います。

なぜかというと、いくら得意でも、同じように得意な人が沢山いたら、評価されませんよね?

いくら頑張って身につけたスキルでも、それが好きなことじゃなければ苦しくて続きませんよね?

 

本当の強みとは

私は「本当の強み」とは、「自分には当たり前のことなのに、他人からしたら真似出来ないと思えるような溢れ出す個性こと」だと考えています。

それは、仕事における「他の人にはない価値」となり、就活においては他の学生にはない「差別化」になります。

つまり、これが「仕事(就活)で必要な強み」と思えるわけです。

この「本当の強み」を活かすと、自分には当たり前のことなのに、周りから「評価」されちゃいます。

そんな楽しいことはないですよね。

無理せずに、勝手に周りが評価してくれるわけですから。

そう考えると、「本当の強み」を見つけて、それが活かせる企業に入りたいですよね?

だったら、それをアピールできるように、自己分析で「本当の強み」に気づく必要があるわけです。

 

本当の強みを探るには?

mindmap

完成イメージ

では、どうしたら本当の強みに気づくことができるでしょうか?

色々やり方はありますが、その1つを簡単に紹介しますね。

まず、自分のこれまでの人生の中で、夢中になったこと好きになったことを思いつく限り思い浮かべてみてください。

ビックリマン、ドラクエⅢ、ミニ四駆、ストⅡ、エヴァ、スノボ、フットサル… 色々ありますよね。

続いて、その1つをピックアップして、その1つについてなぜ好きなのかという理由を思いつく限り書き出してください。(まずは適当でOK)

例)
スノボ
┣できなかった技ができるようになる
┣みんなでワイワイ
┣上手いと注目される
┣友達から凄いと言われる
┣行き帰りの車中が楽しい
┗滑走感

さらに、その書き出した項目がなぜ好きなのかを書き出します。

例)
できなかった技ができるようになる
┣なかなか上手くできない
┣自分の成長を感じる
┣優越感
┗自慢したい

可能であれば、さらに書き出した項目がなぜ好きなのかを書き出します。

例)
優越感
┣気持ちいい
┣必要とされる感じ
┣自分にしかできない
┗認められた感じ

このように、なぜなぜという感じで枝葉を増やすように順番に書き出します。

この手順を大項目を順番(スノボの次はエヴァのように)に変えて、すべて実施します。

すると、書き出された項目で共通のキーワードが出て来るはずです。

例えば、「成長したい、認められたい、褒められたい、自分にしかできない」などが出たとします。

その好きの理由から出てきたキーワードが、あなたの「本当の強み」になるわけです。

その強みをまとめると、「成長して、あなたにしかできないと褒められて、存在を認められたい」というのがこの方の強みを表現する文章になります。

 

強みから企業を探す

これが分かれば、あとは、この本当の強みを活かせる企業を探すことです。

本当の強みが活かせる企業で働けたら最高です。

ただ、もちろん内定をもらえないと入社できないので、しっかりとこの強みをアピールできる準備を整えることですね。

自己分析で強みを見つけようと簡単にいいますが、何も知らずに自己分析してしまうと、表面上の強みしか見つけることができません。

しっかり狙いを定めて自己分析して「本当の強み」を見つけましょう!

 

自己分析診断テスト

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

この記事を書いた人

藤浦 隆雅ポテンシャライズ 代表 / 藤浦就活塾 塾長
採用・就活アドバイザー / ポテンシャライザー(潜在能力を引き出す人)
愛知県を中心に、学生の生きがい就職の支援、人が笑顔になれる職場づくりの支援、人が資質を活かし伸ばせる社会づくりの支援に取り組んでいる。
Pocket