ブルーオーシャン

ブルーオーシャン

ビジネスには、レッドオーシャンと呼ばれる競合が多い海と、
ブルーオーシャンと呼ばれる競合が少ない海があります。

それは、簡単にいうと、競合が多い場所で戦うことをやめ、
競合が少ない場所で戦うことが勝利に繫がるという考えです。

この考え方は、就活でも同じことがいえると思います。

多くの人が口にする、よく聞く強みで戦うよりも、
多くの人が口にしない、あまり聞かない強みで戦ったほうが、
競合が少なく勝ちやすいということです。

「向上心があります」「協調性があります」などの、
在り来たりな強みでアピールするには、その強みの中でも、
特に秀でたエピソードが必要になります。

人がびっくりするくらいの向上心や協調性にまつわるエピソードがあれば、
それを自信を持って面接官に伝えれば良いと思います。

ですが、多くの方がパッとしないエピソードしかないにも関わらず、
多くの人が口にする、よくある強みをアピールしています。

それこそまさにレッドオーシャンに自ら入って戦っているということです。

それで結果を出すことは、かなり難しいと気づいてください。

就活の強みアピールでも、ブルーオーシャンで戦ってください。

強みのブルーオーシャンとは、個性的・ユニークな強みを意味します。

あなたならではの、周りから「変わっているね」と言われる強みです。

多くの人が、その「変わっているね」と言われる強みを当たり前だと思い、
自分の強みとして捉えることができていないことがよくあります。

周り変わっていると言われるわけなので、それは当たり前ではないのです。

そのあなたならではの、凄い強みに気づいてください。

例えば、今まで会った就活生で個性的な例を挙げると、
「小学生からずっと家計簿を付け続けている」
「高校生からずっと3日後の行動スケジュールを時間単位でビッチリ埋めている」
といった他の人はやっていない、個性的な強みを持っている方がいました。

ですが、この方達も、これを当たり前だと感じて凄さに気づいておらず、
別の在り来たりな強みを持ってレッドオーシャンで戦おうと思っていたのです。

個性的・ユニークな強みは、面接官の関心を引きます。

そして、そのエピソードが魅力的であれば、面接官の記憶にも残るわけです。

レッドオーシャンでは記憶にも残らず選考から漏れていたが、
ブルーオーシャンで戦うことで、次の選考に進める結果を得られやすくなります。

あなたの強みは、ありきたりですか? 個性的・ユニークですか?

もしありきたりであれば、もっと個性的・ユニークな強みを探してみてください。

当たり前と思っていることこそ、凄い強みであることも珍しくありません。

まず、友達に「変わっているね」と言われることに注目してみてください。

それがあなたの就活を助ける、個性的で凄い強みになるかもしれません。

自己分析診断テスト

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

この記事を書いた人

藤浦 隆雅ポテンシャライズ 代表 / 藤浦就活塾 塾長
採用・就活アドバイザー / ポテンシャライザー(潜在能力を引き出す人)
愛知県を中心に、学生の生きがい就職の支援、人が笑顔になれる職場づくりの支援、人が資質を活かし伸ばせる社会づくりの支援に取り組んでいる。
Pocket