複数内定が出ている人の特徴は?

複数内定が出ている人の特徴は?

本日、大手企業6,7社の内定をいただけた塾生から、
就職先を決定しましたとのうれしいご連絡をいただきました。

頑張っていても、なかなか内定をいただけない就活生もいれば、
このように1人で複数の企業から内定をいただける方もいるわけです。

不公平のようにも思えますが、
当然ながらこの就活生にはそれだけの魅力があったということです。

では、その大手企業がこぞって欲しがる人材とはどういったところでしょうか?

どんな特徴を持っている就活生が成功したのでしょうか?

まだ傾向をまとめるにはずいぶん早い段階ではありますが、
これまでの’14年卒の中で、就活が大成功した塾生の特徴を挙げてみます。

まず1つ目に、「自然体で構えず」「自分の言葉で受け答え」ができる人。

そして、「意思決定が早く」「理由が明確」で「正直」なこと。

さらに、ある程度の「自信を持っている」人が多いと感じています。

よく訓練された就活生に見られる、「模範的なしぐさ」「模範的な受け答え」
「慎重な応対」「当たり障りのない回答」「良く見せる偽装」「低姿勢」とは、
真逆ともいえる就活生が大成功しているわけです。

当然、ご本人が備えるこれまでのキャリアや能力を含めての成果ではありますが、
それでも言えることとしては、企業が本当に欲しがっている人材は、
就活生が訓練して作り上げられたようなタイプではないということです。

つまり、多くの就活生が考える「採用担当者に気に入られよう」という行為は、
成功という結果に繫がるとは決していえないわけです。

むしろ、訓練した結果で就職活動が上手くいかないこともあると考えてください。

もしあなたが、採用担当者に気に入られるために完璧な自分を作り上げようと
訓練をしているのなら、それが裏目の結果を生んでいるのかもしれません。

企業がどうしても欲しいと思う人材は、
「売れる商品と同じ」だと考えてください。

「弱みはないがこれといった強みもない」「安売りする」就活生ではなく、
「弱みはあるがユニークな強みがある」「安売りしない」就活生です。

もし現在就活がなかなか上手くいっていないのであれば、
一度、自分のスタイルが今のままで良いのか考え直してみてください。

自己分析診断テスト

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

この記事を書いた人

藤浦 隆雅ポテンシャライズ 代表 / 藤浦就活塾 塾長
採用・就活アドバイザー / ポテンシャライザー(潜在能力を引き出す人)
愛知県を中心に、学生の生きがい就職の支援、人が笑顔になれる職場づくりの支援、人が資質を活かし伸ばせる社会づくりの支援に取り組んでいる。
Pocket