16年卒からの就職活動の解禁日変更(短期化)による影響と対策。

短期化した就活の対策とは? 関連ニュース
短期化した就活の対策とは?
短期化した就活の対策とは?

短期化した就活の対策とは?

就職活動の開始(解禁)が現状の12月から3ヶ月遅れ、
3年生の3月スタートとなりました(16年卒より)。

開始は遅れますが、内定が出る時期はこれまでと変わらないため、
結果としては就職活動期間が短縮されることになります。

この短縮の理由としては、就活の長期化による学生への疲弊や、
学業への悪影響を考慮してとのことです。

確かに、長期化による学生への負担は大きいものだと思います。

ですが、それを短期化することで違う部分での悪影響もあると考えられます。

それは、短期化により今まで以上に進路に迷う時間が短くなることです。

就職活動中に、自分がどの道に進むべきか迷う学生が多く、
内定がもらえてからも、まだ就活を続けるべきか迷うこともあります。

それだけ、自分自身が本当にやりたいことを見つけることが大変であり、
人生を左右する重要なことは簡単には決められないのです。

今回、就活期間が短縮されることで、当然ですが迷える期間も短くなり、
これまで以上に自分が進むべき道を早く決めなければいけなくなるわけです。

自己分析や企業研究は、就活本格化前にやるべきだといわれますが、
それでも、就活がスタートした直前直後で始める学生が多いのが現状です。

さらに、分析や研究をしていたつもりでも、いざ選考が進んでいく過程で、
本当にこの道で良かったのかと迷いが生じてくるものです。

つまり、今回の就活期間の短縮によって、自分を見つめ直す時間が無くなり、
今まで以上に企業と学生でのアンマッチが生じやすくなることで、
結果として就職後の離職率も増えるのではないかと考えられるわけです。

就職活動の短期化が、負担軽減を生むかもしれませんが、
それにより、このような悪影響もあるのではないでしょうか。

とはいえ、決まった制度を変えられるわけではありません。

この制度の中で、どうやって就職活動を上手に乗り越えるかが重要になります。

考えられる対策としては、これまで以上に自己分析や業界分析の事前準備を
早期から入念に実施し、就活中のブレを少なくすることです。

そのためには、これまで通りの就活スタート直前に自己分析や
業界分析をしていてはいけなくなってきます。

それには、これまで以上にしっかり自分と業界を理解するためにも、
遅くても3年生の10、11月くらいから始めることが重要です。

スタートが遅くなったから、準備も遅らせて大丈夫だと考えではいけません。

遅くなり短期化したからこそ、準備が大切になったと考える必要があります。

就活塾としても、自己分析や業界分析にもっと注力しなければいけません。

今後は、ツールによる自己分析だけではなく、自己分析カウンセリングや、
早期の各種業界説明会などが必要になってくるのではないでしょうか。

学生のための就活短期化が原因で、アンマッチなどの悪影響がでないためにも、
就活塾で可能な限り支援していきたいと考えています。